防災瓦・軽量瓦のご紹介のページです。

防災瓦・軽量瓦

防災瓦?

防災瓦・軽量瓦。馴染みの無い名称かもしれませんが、地震・台風大国「静岡県」にお住まいの皆様とは切っても切れない関係です。
テレビなどで台風の際に屋根瓦が飛散している映像を見たことがある方もいらっしゃいますよね?
もし瓦が剥がれて飛んでいったら・・・。
考えただけでも恐ろしくありませんか?
さらに、人に被害をもたらすだけでなく、雨風がダイレクトに屋根裏を直撃しますので住まいも大変な被害をこうむります。
そういった被害から住まいと家族を守るのが防災瓦なのです!
   

防災瓦は従来の瓦にはない、ロックアームという機構を持っています。
独自の形状”ロックアーム”は、曲がりや錆の心配がありません。施工時に、下の瓦のアームを上の瓦の穴に差し込こませ、ガッチリと固定するという仕組みです。
また表面の山形の模様は、瓦と瓦の接合部に雨水が流れ込むのを少なくする効果があります。
防災瓦は耐久性にも優れるため、後々のコストの面でも非常に有利です。

施工例はこちら

軽量瓦?

これはもう読んで字の如くですね。
いつおきるか予測できないのが地震!
しかも、東海沖地震が叫ばれる中そろそろ屋根にも耐震施工を施す時期になってきています。
静岡県では近年軽量瓦に葺き替える方が多くいらっしゃるようです。

 

一般住宅では、平均1000枚の瓦が必要になります。
軽量瓦は1枚につき、従来の瓦より1kg軽いため、すべて葺き替えるとすると全部で約1tも軽くなる計算です。
屋根上の軽量化は、 地震の際落下による被害を軽減する効果があるだけでなく、家そのものにかかる荷重が低くなりますので、揺れによる被害もかなり軽減する効果が見込めます。
なによりも家族の安全と安心して過ごせる住まいが大切です。

屋根の葺き替えをお考えの方は、当社へお気軽にご相談ください。

施工例はこちら!